harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

マーケティングオートメーションへの期待値は、インターネットへの期待値と似てる気がする。

   

26243272956_64338ac5db_bphoto credit: Brothers From Another Mother via photopin (license)

マーケティングオートメーション、ここ数年のマーケティング界隈のバズワードのひとつですね。

自分もちょこちょこと携わることが多くて、いろいろ勉強中なのですが。

 

マーケティングオートメーションって魔法のように思ってない?

って思うことも少なくない。

あれ?

でもこれってなんか既視感。

 

インターネットって魔法のように思ってない?

あ、これだ。

 

その昔、こんな記事を書いたんですが、なんだかんだで手間も時間もかかるんですよ、と。これ導入したら、努力なしで業績が右肩上がり、左うちわで大盤振る舞い。そんな雰囲気をたまに感じるのです。

 

マーケティングオートメーション導入の、意外に大変なポイント

メールコンテンツの作成は意外に大変

マーケティングオートメーションの基礎中の基礎。ほにゃららな出来事が起こったら「メールを送る」。だいたいのマーケティングオートメーションツールには、メール送信機能がついていて、かつhtmlメールなんかも、ちょちょっと作れます。

そう、ちょちょっと。

少しでもメルマガやメールマーケティングの実務をしたことがある人なら、わかってもらえると思います。メールコンテンツの作成って、まわりの人が思っているより大変なんです。特にhtmlメールともなれば、ただライティングをするだけじゃなくて、テーブルレイアウトの知識が必要だったりしますし、デザイン素材を作らないといけなかったりします。

ちょちょっと。なわけがない。

ヘタすりゃサンクスメールひとつで丸一日作成にかかったりするわけです。

シナリオを考えるのは意外に大変

マーケティングオートメーションの基礎中の基礎で、もっともワクワクする(ボクだけ?)行程のひとつに、シナリオを考えることがあります。

こういう条件になったら、こういうメールを送って、クリックが有ったら即次のメール、2日待ってクリックが無かったらリマインドのメールを送る。なんて感じでひとつの取り組みについてきっかけになる事柄から、目的に向かっての流れをちょちょっと考えます。

そう、ちょちょっと。

ただ、実際ここまでサクサクとはいかなくて、思考や発想や想定ケースが多岐に渡って、枝が枝を呼び、あれ?どこに向かってたんだっけ。的な。

もっといえば、こういうシナリオを言語化したり、条件自体が曖昧だったり主観の判断だったり。なかなか骨の折れる行程だと思います。

データそのものを使えるデータにするのが意外に大変

マーケティングオートメーションで重要な要素が、データ。例えばこれまでの問い合わせフォームからの送信履歴や、既存の顧客データベース。ECの場合は購入履歴。あとウェブサイトのアクセスログなど、多種多少なデータを扱います。大規模になればなるほど、このデータが扱いづらい、汚いデータになっていることがあります。

そう、ぐちゃぐちゃっと。

まあ、分かるところから手を付けるのは王道だと思いますが、多少なりともコストをかけて導入しているのなら、早く結果を出したいところ。そのためには大きなインパクトを生み出せる、大きなデータ領域のところから手をつけますよね。

宝箱であり、パンドラの箱。

開けてびっくり、まずは整理から…。なんてこともありますよね。

Marketoを導入してまず行ったのは、データベースの一新だった。Salesforce内のリードに多数の重複が生じていたのを解消し、メールマーケティングを行いやすい環境を整えるためだ。

全てのリードをエクスポートし、メールアドレスユニークになるよう再度インストールした結果、メールマガジンの配信可能件数が数万単位で2倍に増加。以降は、最新かつ正確なデータベースを維持するためにルールを作り、重複が起きたらすぐにマージできるようMarketoで自動化している。

Marketoにより、マーケドリブンでの成長を加速していきたい Marketo/お客さま事例

こんな事例もあるぐらいです。

簡単にいうと、顧客データベースを全部引っこ抜いて、ぜーんぶキレイにして、もう一回データベースに入れ直す。

こんなのちょちょっとできるでしょ?ちょちょっと…

 

このあたりの裏側の大変さをまったく見ずに…

ホームページ立ち上げたし、売上伸びますよね?

と、おっしゃる方が多かったなぁ(遠い目)

 

マーケティングオートメーション入れたし、明日から売上伸びますよね?

と、おっしゃる方が多いのかなぁ(遠い目)

 

ほんじゃ、どうするかって?

それはまた次回にでも。

 

今から勉強するなら、このあたりから読んでみてはどうでしょう?

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - マーケティングオートメーション, マーケティング思考

  関連記事

柔軟思考で活況を得る国内オートバイ市場
活況を得る国内オートバイ市場から顧客について学ぶ

ここ数年、国内オートバイ市場、特に250cc~400ccの市場が活況を得ています …

スマホ対応のホームページって一体なんぞや。

photo credit: 014/365 – Geek&#8217 …

「  」のクチ。という食欲のタイミングを裏切ると恐ろしいことになる。

photo by suzettesuzette また寒い日に戻ってしまいましたね …

お金をかけりゃいいってもんじゃない。道具は身の丈にあったものから。

自戒の念を込めて。。。 GIZMODEさんに「ぜんぜんデジタル一眼レフを使いこな …

ゴールばかりを見ていると、大事なものを失くすかも。というリスク。

photo by Elsie esq. この仕事するようになってから男らしくなっ …

音楽業界の求める人材(ミュージシャン)

Photo by Lel4nd 2013年7月18日、Beingよりメジャーデビ …

すきま産業だから考えるべき、ごく当たり前な4つのポイント。

photo by cyawan みなさんお気づきでしょうか。当ブログの画像には本 …

村落で何かプロジェクトをする際、コンテンツとは何かを考える。

photo by NatalieMaynor 最近外食が多いです。やっぱり大陸の …

アメブロのリンクがnofollowになってたらしい。で、いつ独自ドメインに乗り換えるの?

photo by Hunter-Desportes はいはい、今でしょ今でしょ。 …

Youtubeを使うメリット・デメリット

    昨今 “Youtube”とい …

mautic is open source marketing automation