harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

タスクで一杯になったらすべてを吐き出す。ホワイトボードを使った脳内整理のススメ。

   

5559374854_b96b9e8484_b
photo by Karen Roe

2013年後半〜2014年前半までの約半年、仕事で高知県に行く機会がありました。農業関係者、NPO、移住者、自治体、その他たくさんの人とお会いする機会があり、すごく有意義な時間を過ごさせてもらいました。

今日2014年8月3日のニュースにこういうものがありすごく心配。facebookでも繋がっているのでリアルタイムに「まだ帰れない」「雨すごい」「道塞がってる」などの情報がはいってくるので心配です。でも顔を見て話したことが無ければ、こういう心境にもなってなかったでしょうし、ヒトゴトだったと思います。不思議。

さ、今日は日曜なのでサクッとホワイトボードいいですよ、ってお話を。

 

あたまがパンパンになったら、ホワイトボードに吐き出してみる。

仕事でたくさんのことを考えないといけなかったり、クリエイティブな思考をしないといけなかったり、夏休みの予定をたてないといけなかったり、頭のメモリーがパンパンになってませんか?かくいう僕もそうなりがち。しかもパンパンになると作業効率が落ちたり、そもそも手をつける順番を間違えたり、何かとよくない傾向になりがちです。

ノートに書き出したり、Evernoteなどでタスク管理したり、やりかたは様々だと思いますが、最近の僕のオススメは「ホワイトボード」です。

 

ホワイトボードに吐き出すメリット

ノートよりもデカいので枠を気にする必要なし

一般的なホワイトボードはA4サイズのノートとくらべると、だいたいサイズが大きいです。中には同じぐらいのコンパクトなホワイトボードもありますがそれは例外。ホワイトボードのサイズが大きければ大きいほど、枠を気にせず書きなぐれます。この枠を気にするってのが結構な思考の邪魔をするんですよ。

PCよりも直感的で使えない人はいない

PCやスマホ、タブレットなどのデジタルデバイスと、アプリを組み合わせると今やできないことは無いぐらいのスペシャルなツールになります。自動で計算してくれたり、時間が来たらお知らせしてくれるものもたくさんあり、抜け漏れも防げるでしょう。ただし、書く物と書かれるもの、このシンプルなセットと比べると、直感的な操作性はホワイトボードの勝ちじゃないかな。字が読めなくても使えるので思ったことをそのまま吐き出せる点でデジタルデバイスより勝っていると思います。

消す動作がストレスにならない。消す前提でどんどん書ける

鉛筆で書いた文字は消しゴムで「ゴシゴシ(消しカス)」。PCの場合はdeleteキー「カタカタ(何回も)」。個人的にこの動作がストレスなんですよね。ホワイトボードならイレイサー(消すやつね)を手に持って、左右に一振り、一瞬で跡形もなく消える。だからストレス無し。これオススメ。

 

ホワイトボードの最大のメリットはフィジカルの解放

前述の3つのメリットはあくまでツールとしてのメリットだと思っています。ホワイトボードを使うことで最もおすすめしたい点は、その使い方です。

一般的なホワイトボードは壁掛けか自立型。ということは立って使うことが多いと思います。しかも大きいので、指を指したり、大きな線を引いたり、何かと身体を動かすことが多くなります(ハズ)。これがなかなか良い。ノートに手元だけ動かして書き込むより、PC前に座ってじーっと書き込むより、ずっとスムーズに吐き出せて、整理できて、良いアイデアが浮かぶような気がします。ジーッとデスクワークしてたら、たまに散歩したくなりますよね。ああなると効率が落ちる気がするので、未然にそれを回避し、さらには頭の回転と集中力が増す。そんな気さえします。

ご自宅ではなかなか大きめのホワイトボードを用意するのは難しいと思うので、普段座って考え事をしている人は立ってみるとか、フィジカルを少し解放してあげてみてはいかがでしょうか。

 

さて、かくいう僕は、こころもとないイスに座り、煌煌と光るモニタの前でチマチマしているのですが(苦笑)

おためしあれ〜

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - お役立ち, クリエイティブ思考, マネジメント思考, マーケティング思考, 考え方

  関連記事

鬼速PDCAを鬼速で試してみた結果!

photo credit: Ukelens Fasnachtsumzug Keh …

PDCAサイクルの具体例。例えばブログ記事のSEOライティングの場合はこうだ!

PDCAサイクルってなんぞや? うちのサイトでの人気コンテンツ(ようはアクセスが …

Webライティングサマージャムの途中経過と、まわりのちょっとした変化

photo by harappa (Canon EOS 70D) そうなんです( …

「WEBコンサル 大阪」Google先生に久々に聞いてみた。2014年6月版。

photo by Orin Zebest 世は2014FIFAワールドカップ。日 …

営業マンのペースにつかまらない「費用対効果」の思考法。

photo by kelsey e. 今日、週刊誌の広告営業の電話がきました(理 …

Webライティングの基本を切磋琢磨しながら実践するサマージャムはじめました(身内の話)。

photo by pedrosimoes7 暑い。暑い。暑い。毎日暑い。 こうも …

Youtubeで動画をやりたい人はとにかくYoutubeを見まくれ!話はそれからだ!

「Youtube メリット デメリット」で検索されてます 多いんですよ、最近この …

ファーガソン監督の最後のスピーチにみるリーダー像。

photo by apasciuto およそ26年もの間マンチェスターユナイテッ …

タオルとバリィさんだけじゃない、愛媛県今治市の建築がアツい!!

※この記事はWebライティングを磨く「Webライティングサマージャム」の企画記事 …

「Why?」と問い続ける思考で、クリエイティブの目的をハッキリさせる。

photo by Raymond Brown harappa岡本です。 ちかごろ …