harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

ウェブサイト制作の見積りをチェックするポイント6つ

      2013/11/03

燃してどうするお猿サン。
photo by Abode of Chaos

暑い。2013年、関西圏では8〜9月が暑さのピークとか。どうせ暑いなら沖縄のビーチで仕事したい!harappa岡本です。

ちょっと前にウェブ制作の見積りラフに金額付けていた記事が話題になっていましたが、なんとなくあれは同業者同士の会話に見えて仕方が無かった。実際は違うのかもしれませんが、なんとなーくそう思った。いや、良いことですよ、私も興味深くフンフンと読んでいましたし。非常に参考になる記事だと思います。

ちょうどタイムリーなことにお客さんからウェブ制作の見積りを見てほしいとオーダーがありました。その方は特に新卒ということでもなく、一定の社会人経験を積み、お金が関わる仕事もされているにも関わらず「ウェブサイトの見積り」という言葉にやはり抵抗感があるというか、知識が無いアドバンテージから自分でなかなか判断ができない、というのが本音のようです。

こういうインターネットの知識が無い自覚がある故の抵抗感って、誰しも持っているんじゃないでしょうか。

冒頭の話題の記事に関して、東京価格だとか、前提が曖昧だとか、そもそも人日単価が高いよ、とかいろんな意見が飛び交っていましたが、今回はそんなことはさておき、金額が高いとか安いとかではなく、汎用性のある考え方のお話をしようと思います。

 

見積り金額の構成は要件×単価×数量

どんな業界でもこれが基本の考え方ではないでしょうか。とある事象に対して要件(作業内容、商材など)があり、要件に対しての単価があり、それがいくつ存在するかという数量。単純にかけ算すれば金額が出るというものではありませんが、金額の構成要素としての基本的な考え方だと思います。

 

ウェブサイト制作見積り構成を紐解く

ウェブサイト制作見積りの「要件」

めちゃめちゃ簡単に書いてしまいますが、ウェブ制作の場合、下記例のような作業項目が要件となるでしょう。もちろんもっとありますけど。

  • デザイン
  • コーディング
  • 動作確認

ウェブサイト制作見積りの「単価」

要件に対しての単価が設定されている場合が想定されます。かつ要件のレベルに応じて松竹梅の単価設定がされている場合があります。同じデザインでも以下のようなバリエーションが考えられます。

  • トップページデザイン(デザイン要素が多いページ):A万円
  • その他ページデザイン(デザイン要素が他へ流用できるテンプレート的なページ):B万円
  • パーツデザイン(バナーなどのパーツ部分):C万円

前述の要件の他の項目でも、同様にレベル分けされた単価が設定されていることがもちろん考えられます。

ウェブサイト制作見積りの「数量」

最後はどれだけの量つくるかということ。例はいいですね。トップページと同じぐらいのボリュームのページが無い限り、トップページが数枚になることは考えにくいでしょうね。

 

「人日」「人月」という考え方

ウェブサイト制作見積りで割とよく出てくる言葉で一つ「人日」「人月」という単位があります。
これは、その要件に対して作業する時間がこれぐらいかかるんですよ。だからかかる時間で費用くださいね、という意味で、要件に対する単価設定ではなく、かかる作業時間に対する稼働単価なんですね。一般的には1人日=スタッフ1人が1日(営業時間)かかる作業と考えます。人月の場合は1ヶ月ですね。

なので、冒頭の見積り構成の要件×単価×数量とは考え方の違うものですので、別で頭にいれておいたほうが良いかもしれません。

 

どうですか?ウェブサイトだからといって難しいことは無いでしょ?基本はどんな業態でも同じだと思います。

 

ウェブサイト制作見積りのチェックポイント

さて、ここからは見積りをチェックするポイントをまとめていきます。あくまでチェックのポイントなので、良い悪いは各々判断頂くか、私にご用命くださいw

要件(作業内容)に漏れは無いか

作ってもらおうとしている成果物は見積り内に漏れなく記載されているかチェックします。 ウェブサイトすべてなのか、一枚もののページだけなのか、バナーも必要なのか、サーバーの契約は代理でしてもらうのか…などなど。事前に要件定義書などがあるのであれば、それと突き合わせます。

ここで漏れがあれば指摘することと、項目名として書かれている表現にどの要件が含まれているか確認をしておくことが後々のためです。必要であれば、項目を小分けに表記してもらいましょう。

要件(作業内容)に条件が付いているか

要件としてたてられている作業を履行するのに、条件が記載されていることがあります。この条件のもと作業を履行します、ということなので、裏を返せば条件が整わなければできませんor別料金になります、ということです。

仮に現時点でどうなるか分からないことが条件としてあった場合は、条件が整わなかった場合はどうなるのかを予め確認しておいたほうが得策です。

要件(作業内容)の業務範囲は明確か

前述の条件とカブる部分がありますが、ようするにここからここまでは発注者側でやってくださいね、という暗黙の了解がある場合があります。打ち合わせの段階で「どっちがやるの?」とはっきりしていない項目に関しては、改めて確認しておくほうが得策でしょう。お互いに「相手がやるものだと思っていた」となるのが一番不毛です。

要件(作業内容)そのものが不明瞭でないか

そもそも専門用語が並ぶウェブサイトの見積りでは起こりがちなんですが、ウン万円って記載のあるこの項目、そもそも何するの?って状態のまま、進行しちゃってるケースがあります。知識が無くても説明を求めることはできるはず。制作側がまっとうならキチンと説明してくれます。むしろしなさいよ(苦笑)。これは最初のうちに納得いくまでコミュニケーションしたほうがいいですね。お互いのために。

単価設定は適切か(納得できるか)

ここが一番難しい。特に経験が無い発注者だと流されてオッケー出す可能性が大です。受注側としても合ってないようなモノだと(もちろん全てではないですが)分かっていることがなきにしもあらずなので冷静にコミュニケーションしたいところ。

汎用的な作業の場合はキチンと理由付けされた単価設定がされている場合もあるので、ここはなぜこの金額なのか、を納得いくまで話し合いましょう。

ここでよく出るのが先ほどの「人日」の考え方。
「この作業内容に対して、これぐらいの時間がかかります。うちは1日稼働でこれぐらいの費用を頂いているので、かけ算するとこうなります」という考え方です。通常の単価設定があまりにも納得できないようであれば、作業時間に置き換えてみて妥当がどうか判断することも必要だと思います。

「この作業って、大体これぐらいの時間かかるんですよね?だったらこの費用高くないですか?」的な。まぁ、ここって相手との信頼関係も関わってくるので、いきなりこれをふりかざすのは、気持ちよく作ってもらううえでベターとはいえないかもしれませんね。

数量に間違いは無いか

あとは数量に間違いが無いか確認しましょう。ウェブサイトの場合、ページ数が増えてくると結構見落としがちなので、きっちり確認しましょう。

 

専門用語っぽく聞こえるのは極力排除したつもりですが、どうでしょうか。

 

まとめ

まとめておきます。

ウェブサイトの見積り構成要素

  • 要件(作業内容)
  • 単価(人日、人月という考え方もある)
  • 数量

ウェブサイトの見積りをチェックするポイント

  • 要件に漏れは無いか
  • 要件に条件が付いているか
  • 要件の業務範囲は明確か
  • 要件そのものが不明瞭でないか
  • 単価設定は納得できるか
  • 数量に間違いは無いか

 

少しでもスムーズに素晴らしいウェブサイトが作られることを祈って。

今日はこの辺で。

 

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - お役立ち, クリエイティブ思考, ブログ, マネジメント思考

  関連記事

SEO対策は誰のため?
SEO対策は誰のため?

はじめまして、愛媛県松山市でインターネットメディアを運営しているぬこファクトリー …

タスクで一杯になったらすべてを吐き出す。ホワイトボードを使った脳内整理のススメ。

photo by Karen Roe 2013年後半〜2014年前半までの約半年 …

WordPressはそんな簡単に扱えるシロモノじゃねぇんだよ。

photo by nateOne GWも終わりですね。いつも投稿時間なんて考えず …

柔軟思考で活況を得る国内オートバイ市場
活況を得る国内オートバイ市場から顧客について学ぶ

ここ数年、国内オートバイ市場、特に250cc~400ccの市場が活況を得ています …

Webライティングの基本を切磋琢磨しながら実践するサマージャムはじめました(身内の話)。

photo by pedrosimoes7 暑い。暑い。暑い。毎日暑い。 こうも …

キッチン家族会議のススメ。のイメージ画像
キッチン会議をオススメする4つの理由。

photo by *christopher* 我が家ではよくキッチン会議をします …

軍艦島のGoogleストリートビュー撮影に感じた尊敬と、Google先生へ提言ひとつ。

photo by Googleストリートビュー Googleストリートビューがあ …

大阪のウェブコンサル・コンサルティングってどうなのよ。ちょっとGoogle先生に聞いてみた。

photo by goingslo 今年は桜が散るタイミングに差がありませんか? …

smooth
【会社訪問】smoothさんにお邪魔してきました。

少し前ですが、京都の制作会社smoothさんにお邪魔してきました。 実は結構お久 …

アメブロのリンクがnofollowになってたらしい。で、いつ独自ドメインに乗り換えるの?

photo by Hunter-Desportes はいはい、今でしょ今でしょ。 …

mautic is open source marketing automation