harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

軍艦島のGoogleストリートビュー撮影に感じた尊敬と、Google先生へ提言ひとつ。

      2013/11/03

軍艦島(端島)に足を踏み入れるGoogleストリートビュー
photo by Googleストリートビュー

Googleストリートビューがあの軍艦島こと長崎県端島の撮影を行ったという情報が、facebookでシェアされて回ってきた。まずは公式映像をどうぞ。

動画でなく映像と表現してしまうほどの美しさに感動しました。さてこの映像から感じたことひとつと、恐れ多くもGoogle先生への提言をひとつ。

 

Googleは世の中をアーカイブすることに本当に労力を惜しまないんだと尊敬

Googleの企業理念である、Googleが掲げる10の事実、ご存知でしょうか。改めて読み返すと7つめの項としてこうありました。

7.世の中にはまだまだ情報があふれている。

Google が他のどの検索サービスよりも多い HTML ページのインデックス登録に成功した後、Google のエンジニアたちは、簡単には検索できない情報に目を向けました。その一部は、電話番号や住所、事業別ディレクトリなどで、新しいデータベースを統合するだけで検索可能になりました。しかし、中にはもっと工夫が必要なものもありました。たとえば、ニュース アーカイブ、特許、学術誌、数十億枚の画像や数百万冊の書籍を検索する機能です。Google の研究者たちは、今後も世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けていきます。

Googleが掲げる10の事実 より引用

さすがGoogle先生。掲げることが壮大。単純に検索エンジンを開発する会社なら、アルゴリズムをチューニングし、広告をどう販売するかなどに目がむくのかもしれませんが、Google先生はもはや検索される対象を自ら作り出すことを見ているのですね。もちろん検索対象はすでにあるものですが、検索対象はまだまだあるよ。自分たちで探しに行こうぜ!というメッセージを強く感じます。

Google版「Stay hungry,Stay foolish」といったところでしょうか。常にハングリーであれ、目的のためには労力を惜しむな。そう言われているようで背筋が伸びる思いです。素晴らしい。

ちょうど一年ほど前に発表された「Street View Trekker」のレンタル受付を開始したとの情報もあります。今後のこの Street View Trekker も小型化されそうですし、数年以内には全世界アーカイブがスタートするのかもしれません。

 

(余談)軍艦島とは

すでに知っている人はスルーしてください。軍艦島とはどういう島なのか。少しまとめておきます。

軍艦島は正式には端島といいます。

端島(はしま)とは、長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。かつては海底炭鉱によって栄え東京以上の人口密度を有していたが、閉山とともに島民が島を離れたため、現在は無人島である。軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている

端島 Wikipediaより引用

1800年代初期に石炭が発見され、1800年代後半には本格的に炭坑として産声をあげ、三菱の所有のもと、1974年の閉山までおよそ100年の間炭坑とそこで働く労働者たちの街として栄えていたようです。2/3以上が埋め立て。最盛期は5,000人以上が暮らし、教育施設や病院、警察はもとより、映画館やパチンコなどの娯楽施設、寺院まであったようです。

閉山後は無人島となりますが、雨風が強い地域のようで木造、コンクリともに劣化が激しく、いつ倒壊してもおかしくない場所があるとのことで、現在では限られたエリアのみが見学可能となり、それ以外は立入禁止。開かずの島となっていることもあり、廃墟マニアでなくとも一度は見学したい場所というわけです。

今回のストリートビューの撮影は、このような状況の中、行政の協力の元行われたんですね。

 

Google先生へ提言。カメラマンの解説音声付けましょうよ。

恐れ多くもGoogle先生への提言。

私は冒頭の映像を見て感動しました。撮影者の目線にならざるを得ませんでした。何かドキュメンタリー映画を観ているような。

今までストリートビューといえば、煙突のようなカメラを積んだ車がゆーっくり道路を走っている印象しかありませんでした。まさに機械的にアーカイブしてる感じ。ですがこの軍艦島撮影は人の足で歩いて撮影している様子が映像に映し出されています。

この人の手で(足で)撮影している温度感を映像から感じ、機械的ではなく血が通った写真の集まり、そこを歩いた足跡を辿るビュー、見上げると息遣いすら感じられる熱感が詰まっているかのようでした。

今年の3月にはヒマラヤ山脈をGoogleストリートビューのカメラが登ったというニュースが駆け巡りましたが、誰かの身体を借りて未開の地や開かずの土地を歩く擬似体験ができる。Googleストリートビューの真骨頂を見た気がします。

例えば撮影者のコメントや解説、訪れた(撮影した)その時の現場の様子、聞こえる音、匂い、温度なんかを音声でガイドしてくれたら、素晴らしいコンテンツになると思いませんか?どうでしょうGoogle先生。今度はマリアナ海溝を音声ガイド付きで。

 

(おまけ)軍艦島ストリートビューのスクリーンショットをちょっとだけ。

少しだけスクリーンショットを載せておきます。ですがご自身で見た方が絶対いいです。

中庭。お隣さんと距離が近い。

ミシンだ。

高いね。

まだ誰か住んでそう。

住宅が密集。

立入禁止。

 

さて、いかがだったでしょうか。

個人的にはあまりこういうところにズカズカと踏み入るのは好きじゃなかったりしますが(誰かの生活に土足で入ってる感じがして)、観光地や遺産的な側面のある場所はこういう試みは良いことだと思います。壊れきる前に一度は生で見ておきたいと思います。

さ、Google先生。わたしの提言聞いてくれますかね。

じゃ、今日はこの辺で。

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - Youtube, おもしろ, ニュース, ブログ, 動画, 考察

  関連記事

WordPressはそんな簡単に扱えるシロモノじゃねぇんだよ。

photo by nateOne GWも終わりですね。いつも投稿時間なんて考えず …

iPhoneの画面が浮いた!ホバリングするドローンでも、オスプレイでもないよ!

By: @sage_solar – CC BY 2.0 iPhone …

釣れるかな。不安です。
「ウェブサイトどうしよう?」漠然とした不安を解消する3つのポイント

by robeposse [flickr] 今日は僕のこれまでの制作サイドの経験 …

インターネットは魔法ではない。Googleの約2分間のサービス停止から思うこと

photo by kevin dooley 2013年のお盆も終わりましたね。h …

2013年5月前半の人気記事5選

photo by typexnick 先日食事をご一緒した方と沖縄談義になり、ご …

スマホを持ってる10代の女の子。LINEの利用率はなんと73.0%(LINE利用動向調査報告書2013より)

photo by Lel4nd Markezineに記事がありました。インターネ …

ウェブやブログにyoutubeなどの動画を貼付ける時、はみださないようにするレスポンシブ的な方法。

photo by LimarieC 世の中はGWのようです。わたしのまわりに「海 …

Youtubeで動画をやりたい人はとにかくYoutubeを見まくれ!話はそれからだ!

「Youtube メリット デメリット」で検索されてます 多いんですよ、最近この …

エヴァQx桜流し限定公開動画
エヴァQ映像が使われた、宇多田ヒカル「桜流し」限定PVがYoutubeで限定公開されています。

※画像クリックでYoutubeページへ飛びます。これから映画を観る方はネタバレ映 …

harappa Facebookページ公開しました。
harappa Facebookページを公開しました。

facebookページをオープンしました。 facebookページでは、ウェブサ …

mautic is open source marketing automation