harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

すきま産業だから考えるべき、ごく当たり前な4つのポイント。

      2013/11/03

やっぱりここがイチバン落ち着くの。
photo by cyawan

みなさんお気づきでしょうか。当ブログの画像には本文とは関係あったりなかったり、気分と勢いだけでタイトルが付いていることを。完全にLIGさんに影響されているワケですが。

どうも、かまってちゃん、harappa岡本です。

我が家には犬が3匹いるのですが、その3匹を連れて旅行に行きました。場所は鳥羽。鳥羽水族館の鳥羽です。余談ですが鳥羽水族館、私たちももれなく訪れまして、ちょうど前日にスナメリの赤ん坊が産まれたとのことで、ラッキーにも生後数十時間のスナメリの赤ん坊をマジマジと見ることができました。

話を戻すと、犬連れなのでペット可ホテルに泊まりました。最近でこそ増えてきたペット可ホテル。今日はそんなペット可ホテル=すきま産業だと捉えて、すきま産業としてこういうこと考えないとだめよね、というお話。

情報の絶対数が少ない。ゆえに積極的な露出。

そもそもペットを連れて旅行という発想がまだまだ少ない。うちのように完全に生活の中心として犬が存在している場合は別として、やっぱりペットホテルに預けたり、実家で面倒を見てもらったりすることが多いでしょう。

聞けば、犬は庭で飼うものだ、という時代だと、一晩ぐらい余裕でほっとかれることもあったそうです。「番犬」ですからねぇ。

ペットは家族、という発想が増えてきているとはいえ、まだまだ旅行は人間の娯楽。ペットと一緒に泊まれるホテルの情報は、本当に少ないです。ヨメさんががんばって探してくれました。感謝。

なので、すきま産業とはいえ、ネットに露出するなり(今ならSNSも場合によってはアリ)、マス広告を検討する、一般的な雑誌(not業界雑誌)へ出稿するなどして、どんどん前に出る必要があると思います。

競合は少ない。しかし特徴をハッキリさせること。

今回泊まったホテルは、犬連れで無いと宿泊できません。ここがイチバン特徴的だと思うのですがウェブサイト等で目立った告知はしてなかったです。出しといた方がいいと思いますよ。

それはさておき、すきま産業は得てして競合が少ないです。多くても片手で収まるぐらいでしょうか。多かったらすきまとは違いますよね。

消費者が検討するときに、競合が少ない分、棲み分けをハッキリさせておく方が、狙ったターゲットがちゃんとアクションを起こすのでは、そう思います。すきまを発見したことにテンションが上がってコンテンツをダラダラとつくるのではなく、数少ない競合やその他競合となり得るものにたいしてきっちり差別化をしましょう。

一度でも利用したら、もう二度と離さない気持ち。

ま、そらどんな仕事でもそうだと思うんですけど、リピーターさんってありがたい話でノドからシッポ、いや手がでるほど欲しいですよね。

ちゃんと露出して、ちゃんと利用してもらったら、あとは満足してもらうだけ。本当に単純なんですけど、すきま産業だからこそ、最高の満足をしてもらわないとダメです。なぜなら、消費者に価値基準が無い場合が多いからです。

も少し噛み砕くと、何がよくて、何が悪いか基準が無い。だからこそ小さな部分にもサービス精神を絶やさず、オール満足してもらわないとダメだと思います。だって「ん〜、次は別のとこ行ってみようか」って簡単になるでしょ。その別のとこが満足度が少しでも高かったら、もうアナタのところにお客さんは戻ってきません。

逆に最高の満足を感じてもらうことができれば、お客さんはアナタのところから離れません。来るなといってもついてくるかもしれません。もう恋愛です。麻薬です。中毒です。

今回のペット可ホテルは、かなり良いところだったのですが、その理由を挙げるとすれば。

・ペット同伴でのみ泊まれる。ほかの宿泊者が「ペットNG」は有り得ないので気楽。
・ホテル設備がペット用にフルカスタマイズされている。
・その割に人間メシがうまい。その辺中途半端な宿もある。
・実は東日本にも同系列のホテルがあるので、違うエリアでも同じサービスが期待できる。

といったところでしょうか。ま、スタッフの対応は可もなく不可もなくでした。ま、そこが優先だったら人間だけで帝国泊まりますってことですしね。全然別です。

クチコミ強化できればなお良し、か。

こうやって書いてみると、普通にAISASだな(ちょっと枝分かれしちゃうので今はググっててください。機会があれば書きます)。

なので、利用者が自ら誰かにシェアしたくなる状態を作ることがさらに大事だと思います。僕らもたくさんチラシをもらったり、こうやってブログ書いたりして(具体名は出さないけどね)ますし、ベタですけどfacebookページからアプローチするなどでしょうか。

まとめ。

・すきま産業はすきまを見付けたことにあぐらをかかず、競合との差別化をしっかり行う。
・関連業界向けに露出するのではなく、一般向けに広く露出する。 
・一度来たお客さんは二度と離さない気持ち。
・気持ちよくシェアしてもらえる環境づくり。

といったところでしょうか。わー普通。普通すぎてびっくりした。

で、どこわたしたちが泊まったところ(結局言うのかよ)。

鳥羽わんわんパラダイスホテル

地元の食材がめちゃ旨かったです。人間のメシはまったく期待してなかっただけに、心掴まれました。

そんな感じです。それではみなさん良きペットライフを〜(え?そっち?)

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - お役立ち, ブログ, マーケティング思考, 考え方

  関連記事

広報活動は計画的にね!
広報活動は計画的にね!

ご無沙汰しています、愛媛県松山市の「ぬこファクトリー株式会社」の門屋と申します。 …

2013年6月の人気記事5選+α

photo by bildterapi はやいもので2013年も半分が過ぎました …

お金をかけりゃいいってもんじゃない。道具は身の丈にあったものから。

自戒の念を込めて。。。 GIZMODEさんに「ぜんぜんデジタル一眼レフを使いこな …

サッカー日本代表2014ブラジルW杯出場と同じぐらいゾクゾクしたCM。TOYOTA編

(次記事)サッカー日本代表2014ブラジルW杯出場と同じぐらいゾクゾクしたCM。 …

harappa岡本は、あのヒマナイヌ川井さんの「himag」に出張します!

どうも、harappa岡本です。 突然ですが、ヒマナイヌの川井拓也さん、ご存知で …

ヨメのつけまつける3段活用が時を超えた瞬間。

photo by JefferyTurner どうせGWなので、誰も見てないと思 …

EC/通販サイトのメールマーケティングにまんまとハマった一部始終。

photo by jjsala 今日2013年10月27日は大阪マラソンでした。 …

ゴールばかりを見ていると、大事なものを失くすかも。というリスク。

photo by Elsie esq. この仕事するようになってから男らしくなっ …

インターネットは魔法ではない。Googleの約2分間のサービス停止から思うこと

photo by kevin dooley 2013年のお盆も終わりましたね。h …

スマホユーザーの67%が、モノを買う時にモバイル端末から検索をしている事実。Google調べ。

photo by Johan Larsson Googleがモバイルショッパーリ …