harappa Office

大阪府堺市を中心に中小企業、個人事業主のみなさまのウェブマーケティング支援を行っています

腐女子の「二次元萌え」プロセスが僕の思考を軽々と超越していた件。

      2013/11/03


「当盛五人揃肌競」 豊原国周

最近ブログネタを血眼で探している僕です。巷ではブログで儲けるなんてちゃんちゃらおかしいとか、これからはウェブサイトのメディア化だぜヒャッホーとか騒がれてますが、身の回りのことをちゃんと整理してアウトプットしようとちゃんと考えてます(棒読み)。

日々情報の洪水で溺死しそうになっていても、アウトプットをちゃんと意識していると、洗練されるというか、面白いもの、そうでないものが割と自然に残って、意外に頭スッキリだったりします。

そんな今日は腐女子の頭の中のお話。

腐女子(ふじょし)とは男性同士の恋愛を扱った小説漫画などを好む女性のこと。「婦女子」(ふじょし)をもじった呼称である。ヤオラーともいう。年齢の高い腐女子をさす派生語として貴腐人(きふじん)もある。同様の趣味を持つ男性は、腐男子あるいは「父兄」をもじって腐兄(ふけい)などと呼ばれる。

腐女子という言葉は、やおい・BLものを好む女性に限らず、おたく趣味を持つ女性全般を指す言葉として用いられたり、女性のオタクへの罵倒語として使用されることもある。

Wikipedia 腐女子 より抜粋

割と筋金入りの腐女子に話を聞くことがあり、ちょっと興味本位で質問していたら、帰ってくる答えが僕のこれまでの人生には無い価値観だったので書いてみます。

恋愛シュミレーションゲームへの取り組み方が違う

異性の登場人物と様々なイベントを進め、プレーヤーがチョイスする選択肢によって登場人物との恋愛レベルを上げて恋愛を成就させていく、というシュミレーションゲーム。1980年代生まれの僕と同世代の男性には「ときめきメモリアル」なんかが有名ですよね。

この腐女子の恋愛シュミレーションゲームの取り組み方が僕のソレとはまったく違いました。誤解の無いように「僕」「腐女子」という人称で書きますが「僕≒男性」というイメージでよんでもらえれば。もし違うぞ!という方がいたら何らかの手段で僕に教えてください(笑)

1、登場人物から好みの相手を選ぶ思考の違い

こういうゲームは最初に複数の登場人物の中から「狙う相手」を決めますよね。僕の場合は外見とプロフィールをザッと確認して、最もタイプの相手を選ぶようにします。割とリアル生活のタイプに近いものを選んでいた気がします。まんまと「恋愛シュミレーション」させられてます。

腐女子の場合は「端っこから順番に総ナメ」

最初から好みのタイプを狙い打ちせず、なんと全員と相手をする前提で端っこから攻めていくらしいです。どんだけ時間かかる話やねん。と。その理由は後で分かるわけですが。

2、恋愛イベントの選び方の違い

デートに誘うとか、街中でばったり出会うとか、ゲームの中には様々な恋愛イベントが出てきます。その度に、どういうアクションをとるのか、数種類の中から選んでストーリーを進めていきます。僕は「ゲームのクリア=ハッピーエンド」と思うので相手にとって最良の「ウケの良い」答えを狙います。

腐女子の場合は「普段と同じありのままを選ぶ」

彼女たちはまったく狙った答えは選ばないそうです。というか狙うと意味がないそうです。狙うと意味がない?はて?

3、エンディング。その先にある感情の違い

さっきも書きましたが僕の場合は「ゲームのクリア=ハッピーエンド」。いくつかエンディングのパターンがあるんですが、最もハッピーなエンディングが出るまでやっちゃう。ストーリーなんかそっちのけで選択肢選びを試行錯誤したりする。その腐女子には「男の人は征服欲があるから」なんて言われてしまう始末。

腐女子の場合は「登場人物の中で最もハッピーエンドだったキャラに恋をする」

そうだった。腐女子のみなさんは登場人物全員を総ナメゲームプレイするんだった。普段の恋愛感情をありのままにイベントを進め、全登場人物の中で最もエンディングが理想的だったキャラが「イチバン自分と相性が良い」と妄想するようです。妄想して恋をするようです。

まとめ

・はじめにターゲットをひとりに絞らない
・複数のターゲットと平行してゲームをすすめる
・狙わずありのままの行動をとってみる
・その中で最もハッピーな相手にのみ恋心を抱く

何この流れ。全然ゲームじゃない。マジ恋愛じゃねーか。しかも結構な小悪魔っぷり。恋心抱くのなんて最後の最後って。そもそも最初の段階でターゲット絞って、フラれて、何も残らない俺負け組じゃねーかよ。

これが腐女子ってやつか。ゲームをリアルな感じで妄想に変換できるのか。すげー。

実はもっと他のネタも仕入れたんですが、脳みそがパンパンオーバーフローするので、ちょっと小出しにします。

では。

この記事を書いた人

harappa 岡本
harappa 岡本harappa 代表/Web解析士/愛玩動物飼養管理士
1980年大阪府堺市生まれ
広告・ウェブ制作ディレクター、プロデューサーを経て、2012年harappaとして活動開始。紙媒体、ウェブ媒体問わず、企画、要件定義、プロジェクトマネジメント、制作に関わるひととおりのディレクション、プロデュースの実務。ウェブサイトのアクセス解析、ヒューリスティック分析など調査実務、最近ではSNS運用やウェブに関連する講師もやっています。
もうちょっと詳しい自己紹介はこちら。
facebookページでは裏話なんかも。

 - おもしろ, ブログ

  関連記事

ウェブサイト制作の見積りをチェックするポイント6つ

photo by Abode of Chaos 暑い。2013年、関西圏では8〜 …

超回復って知ってますか?筋トレしまくるのはダメかもしれない理由。

photo by kamshots 梅雨なのにあんまり雨降らないですね。水不足大 …

異論は許さない。harappa的コンビニ定番スイーツBEST5!

photo by ralph and jenny 梅雨入りしたというのに降らない …

インターネット・広告業界に飛び交う、意味不明な専門用語8選。

photo by Clarkston SCAMP 最近「フリーになったんですか? …

柔軟思考で活況を得る国内オートバイ市場
活況を得る国内オートバイ市場から顧客について学ぶ

ここ数年、国内オートバイ市場、特に250cc~400ccの市場が活況を得ています …

facebookは怖い。無料は怖い。

photo by birgerking 久々にfacebook怖いよー。というお …

2013年5月前半の人気記事5選

photo by typexnick 先日食事をご一緒した方と沖縄談義になり、ご …

harappaの名前でエゴサーチをしてみた。

photo by luluinnyc | Amy Dreher いい感じに忙しい …

Facebook認証・連携機能をAndroid版へ先行導入
LINEがFacebook認証・連携機能をAndroid版へ先行導入

【LINE、さらなるインフラ化・グローバル化を目指し、Facebook認証・連携 …

グランフロント大阪の影響をモロに受けてるかもしれないアレ。

photo by Eneas どうも。harappa岡本です。 2013年4月2 …